2020年の夏後半は一万人プールでスライダーおじさん!

スライダーおじさん - スライダー兄さん - スライダー小僧 - 一万人プール
2020年夏の後半は一万人プールでスライダーおじさん!スライダー兄さんも滑走中!

2020年の夏は境プールに続いて、栃木県真岡市にある一万人プールでスライダー滑走を満喫☆埼玉で言うならいわゆるスライダーおじさん活動ですね(^_^)

今年は既にご承知の通り、埼玉県のプールは県営、市営は全て営業中止になっています。なので、私のホームコースでもあるさいたま水上公園、しらこばと水上公園もプール営業中止です。

そこで、北関東では営業するかも?と言う中で、群馬県伊勢崎市の境プールや栃木県真岡市の一万人プールに白羽の矢が立ったのですが、先行してオープンした境プールでスライダー滑走を満喫しました。しかしながら・・・

境プールはスピード感あるスプリントなスライダーだけど水着のダメージ大!!

群馬県伊勢崎市境プールスライダー滑走

境プールのスライダーは短距離でスピード感もあり、水面も水切りも気持ち良く出来て楽しいのですが、構造上の問題でしょうか?

水着のダメ―ジが大きい!補強してもちぎれる様に破れしまうので、これはシーズン持つか?と言う問題点も発生!

それならもう一つオープンする一万人プールに行けばいい!と思っていたのですが、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある時期でもあったので、なんらかの規制が入ってしまうかも?

また自主的にも規制しようかな?なんて考えていたのですが、いわゆるオーバーシュートと言う爆発的な感染も無く、特にプールでクラスターが発生したと言う事も聞いていないので、じゃあ一万人プールに行こうかな?となった経緯です。

そしてインスタグラムこんなに投稿が!!

スライダー兄さんも華麗に滑走!一万人プール☆

インスタグラムには先行して一万人プールに行ったスライダー兄さんの滑走映像が投稿されていました☆

画像では相変わらず綺麗なフォームでカッコイイスライダー兄さんの姿が見れるのですが、左にスワイプ(PCの場合は画像右の矢印をクリック)すると、滑走動画が見れます!

そう、この滑走動画を見て思ったのは、パンパンっと水切りしている事です!

おおっ!これは気持ち良さそう!

文字通り『飛ぶ』が体感出来そう☆

これはやっぱり行こうと言う流れにになりました!この水切り感こそがスライダー水面滑走の醍醐味でもあるんですよね!

そもそも今年のメインステージの予定でいた一万人プールだったので、お盆を過ぎて特に規制もなかったのは嬉しいところ☆

そんな訳で早速一万人プールに行って滑りました!

ちなみにスライダー兄さんは既にヒーローでした☆流石です(^_^)

スライダー兄さんからのワンポイント!

着水プールはしらこばと水上公園より浅いので、しらこばと水上公園の感覚で滑ると、お尻をプールの底にゴリゴリ擦ってしまう事も!ケガには注意が必要ですね。

 

スロースタートが特徴的なスライダー

2020年夏の後半は一万人プールでスライダーおじさん!スライダー兄さんも滑走中!

上の画像を見ての通り、比較的緩い傾斜のスライダーなのが特徴的です。その為、スタートはかなりスローな感じの傾斜同様に緩いスローなスタートです。

徐々にコブを重ねてスピードが増して行く作りになっている様なのですが、水着によっては加速せずに抵抗となってしまって、全然前に進まないなんて人もチラホラ・・・

しかしながらスライダー小僧は止まらない(笑)そんな障害にも負けずに加速させます(笑)今回は冬に練習していた座位で滑りのみ。

私のお家芸でもあった仰向けで速く滑る!は、体重が増えてオッサン化したせいか?(笑)仰向けの状態は最後の起き上がりで、水着とお尻に負担が掛かる様で、水着は破れ易くなり、お尻は痛くなる始末・・・・(^-^;

それに長年バイクに乗っていたせいもあってやや前傾の座位の方が楽になってしまったのも要因かもしれません。

一万人プールスライダー滑走動画①お試し滑り。

とりあえず滑ってみた感じです。タイミング掴むまで5本は最低は滑ります。まだまだ上手く飛べていない感じですが、水切り感があってかなり快適ですね。

一万人プールスライダー滑走動画②距離は伸びたけど左に曲がる!

距離は伸びて来ましたが、最後の滑り台の色が白くなっている部分のコブでバランスを崩し、左に曲がってしまいます。ここを攻略すれば綺麗に水面滑走出来そうですね☆

一万人プールスライダー滑走動画③まあまあ乗れて来ました☆

3回目の動画ではまあまあ乗れて来た感じです。コブを少しずつ攻略出来て来た感じですね☆ちなみに3回目の動画はSNSにも投稿済みです。

最終的には岸手前の青いロープまで到達!

最終的には岸手前の青いロープまで到達!完全にお尻まで青いロープに入れば着岸ですね!プールから上がる階段に足をタッチする感じです。

2020年夏の後半は一万人プールでスライダーおじさん!スライダー兄さんも滑走中!

人が多い時は無理な着岸を目指さない方がいい?

人が多い時は無理に距離を伸ばすのは厳禁!埼玉にプールとは違い、着水プールに人が居ても、安全確認が取れた時点でスタートの合図を出します。なので、先に滑った小さな子供が着水プールを歩いている事もあるのです。埼玉県のさいたま、しらこばと水上公園の様に水面滑走する人がいると言う事を想定していないのかもしれません。なので、人が多いに日に距離を伸ばすには十分な注意が必要です。

まとめ

スロースタートに癖がありますが数本滑るとあまり気にならないスライダーですね!とにかく水面滑走が人間水切りに相応しいパンッパンッパンッと言うバウンドをしながら滑走する事が出来ます。スライダー兄さんもハマる理由もココにあるのではないでしょうか?

この記事の更新日現在ではシーズンも残り少なく、一万人プールには行けても後2回ですが、少しでも距離のばせれば良いと思います。また新たな動画も届け出来れば良いと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL